2005年01月28日

Complex network解明の鍵となる!?

その名も「複雑なネットワークの自己相似性」という論文が出ました。

C. Song, S. Havlin, H.A. Makse
(2005) "Self-similarity of complex networks" Nature 433, 392 - 395.


自己相似性はいわゆるフラクタル構造が持つ性質の 1つである。フラクタル構造は、海岸線、山脈そして河川流域など多くの自然システムに見られる。この発見は、今までスケールフリーなネットワークが自己相似ではないと考えられていたことからすると意外な結果である。著者たちは、スケールフリーなネットワークの基礎となる自己相似性はくりこみと呼ぶ手法を使って確認できることを示した。この手法ではネットワークに次々と「粗視化」する近似を行う。これは、ネットワークを見るとき目を細める程その詳細がよりぼやけて見えるということに似ている。この自己相似な性質は、複雑なネットワークがどのようにして成長し、スケールフリーな構造へと自己組織化していくか説明する上で有用になるだろう。(Nature Japanより)



・・・まだフォローできてません。(汗)
くりこみって何ぞや?
posted by soreyuke at 11:19| Comment(3) | TrackBack(2) | physics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。